コラム”Ecoものづくり情報”

16.11.10

■仕事と成果(基本と成果・価値)

 私は、「仕事の価値」を高め、「仕事の成果」と「現場力」を高めて頂きたいと願っています。

そして、 2016年4月コラムで「仕事の成果」を、2016年6月コラムで「現場力」を紹介させていただきました。

 

 皆さんに、仕事を進める上で最も大切にして頂きたいことがあります。

それは、「当たり前のことを、当たり前にする」ことの意識をもっていただきたいことです。 

高い“想い・志・ビジョン・夢”の目標であっても、すること・やるべきことは着々と「当たり前のことを、当たり前に進めていく」ことが大切なのです。なぜなら高い目標や成果は、1日にして出来るものではないからです。

“想い・志・ビジョン・夢”を持って、日々少しずつ行動・実践していくことで良いのです。

 仕事の基本を大切にして、日々改善を進めていくことが、きっといつか高い成果、革新へと繋がって行くものなのです。革新は、日々の改善活動が在って、創造的な挑戦と実践によってのみ、実現して行くものなのです

 

 よくテレビなで、大きな成果(ノーベル賞や文化勲章など)を上げられた方々が、謙虚にインタビューで話されているのですが、「当たり前のことを着々と進め、積み重ねてきたことで、今の大きな発見や成果となっているのです。支えてくださった皆さんに感謝しています。」とコメントされています。

 

 大切なことは、高い“想い・志・ビジョン・目標”を持ち続けて、「当たり前のことを当たり前にする」ことを着実に行い、着々と次なる高い価値ある仕事を行っていくことが、必ずや「高い成果」となっていくものだと言うことです。

16.11.25

■基本「当たり前のこと」

 先月、最も大切にしている考え方、進め方としている『5ゲン主義』『理に適った行動』について紹介をしました。

そして、『5ゲン主義』『理に適った行動』、『診える化』『最適化』の基本としているものです。

 

 『診える化』『最適化』および『5ゲン主義』『理に適った行動』を私は知ったことで、今まで曖昧だった判断基準が明確になり、行動にもブレがなくなったように感じます。

また、考え方、行動の最終判断基準を、『健康健全で、幸せ』としたことで、やるべきことの意義が定まって、行動の質が高まってきているようにも思います。

「仕事の本質」は、

小さなことを毎日少しづつ積み重ねて行き、当たり前のことを当たり前に行い、顧客、人、もの、仕事を大切に活(生)かしていくことと言えます。

 

「仕事の基本」は、

ちょっとしたことを大切に、そのことが普通にできるようになることが仕事の質となります。一つ一つの細かな仕事を疎かにせずに、確実にそれができることで、顧客から信頼され、安心してもらうことになっているからです。基本的なことを疎かにしない、些細な小さなことを普通にやりとげることの大切さがそこにあります。

  

ですから、「何が当たり前のことで、どのようなやり方が当たり前なのか」を考え、知ることが大切で、現場・職場での当たり前のことの答えは、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)にあります。今日やるべきことを確認し、やるべき仕事の内容をシッカリと頭に入れる、そして準備をする、メモを取る、忘れてはならない注意や確認を怠らない、大切なことをやりきる、必要なことは報告する、このような基本的なことを行うには、一人一人の教育、意識付け、躾が大切で、誰もができる仕事として、5S活動にそのことが含まれているからです。 

 

日々、些細なことを毎日毎日、「仕事の基本・本質」「当たり前のこと」=5Sをしっかりと積み重ねていくことで、必ず「現場力」は高まっていきます。